刑事事件の解決事例


刑事事件9大麻(1)大麻取締法違反被疑事件

本人の深い反省と家族のサポートを主張、執行猶予付き判決へ。

事件発生までの経緯

Aさんは、仕事と子育ての両立にストレスを感じるようになり、妻とともに大麻を使用してしまいました。Aさんは、大麻取締法違反で逮捕、10日間の勾留が決定されました。

その後、裁判所は再度10日間の勾留期間延長という決定を下しました。

解決のポイント

大麻などの違法薬物は依存性が高く、違法薬物を断ち切るためには、周囲のサポートが必要となってきます。そのためには、信頼のおける身元引受人が必要となります。

また、10日という勾留期間に加え、再度の勾留延長がなされれば、肉体的にも精神的にも負担がかかるため、なるべく早く、被疑者の身柄を解放することが必要となってきます。

相談~解決までの経緯

Aさんの義父は、Aさんの逮捕後、当事務所にご相談にいらっしゃいました。

弁護士は、Aさんと接見を行い、勾留延長を却下する請求のために、必要な情報を聞き出しました。

Aさんは、弁護士に対して
  • 『大麻を所持していたことと、使用していたことに対して、深く反省しており、二度と所持または使用しないことを誓う。」
  • 『自分が原因で、家族に迷惑をかけていることを非常に後悔している。』

ということを話しました。

弁護士は、勾留延長を却下する請求のために、Aさんが深く反省していることを踏まえたうえで、以下のことを聞き出し、裁判所に対して勾留延長を却下するように主張しました。

  • ・Aさんが働いている会社は妻の両親が経営している会社であり、Aさんが生活の基盤をその会社に置いていることから、生活の基盤を捨ててまで逃亡することは考えられないこと。
  • ・証拠が差し押さえられていることから、証拠隠滅などは考えられないこと。

残念ながら、勾留延長を却下する請求については、認められませんでしたが、弁護士が上記と同様のことを主張したことにより、Aさんは保釈許可を受けることができ、身柄拘束から解放されました。

その後の公判において、Aさんには前科がなく、深く反省していること、義父が監督することなどが考慮され、執行猶予付きの判決を得ることができました。

 

「薬物事件」の解決事例一覧

お問い合わせContact

法律相談のご予約

  • 相談無料
  • 24時間受付
  • スピード対応

お気軽にお問い合わせください

  • 携帯からも通話無料。24時間・土日受付中
  • tel:0120-525-686
  • 無料相談のご予約
  • 元検事率いる弁護士チームが対応します。
    まずはお電話ください。秘密厳守です。
  • tel

  • 無料相談のご予約