• tel

    当日相談可能、24h受付、今すぐご連絡を!
  • 無料相談のご予約

    初回60分まで無料法律相談実施中!

横領 財産事件

オーセンスの弁護方針:横領

オーセンスの弁護方針横領

横領事件における処罰の見通しは、被害額の多寡で決まる部分が大きいです。そのため、前科のない方であっても、被害額が大きく被害者の処罰感情が強い場合には、起訴されてしまうことも考えられます。

横領の罪を認め、事実を争わない場合には、被害者との間で謝罪や被害弁償、示談を成立させておくことが大切になってきます。損害額が多額にのぼり、すぐには弁償できない場合でも、できる限りの範囲で被害弁償を行い、今後の返済のための具体的な計画を立てることが必要となってきます。

一方で、横領をしていないにもかかわらず、会社から横領の容疑をかけられているような場合には、安易に罪を認めてしまうことなく、毅然とした態度で自身の無実を主張する必要があります。

  • ①発覚時から起訴段階まで

    横領事件の場合、前科をつけないためには、警察沙汰になる前に示談を成立させておくことが重要となってきます。横領事件は、他の財産事件とは異なり、団体内部での犯罪が多く、捜査は、被害者からの被害届や告訴をきっかけにして始まる場合が多いです。

    そのため、被害を弁償して早急に示談を締結することで、これ以上の事件の拡大を防ぐことができます。被害者との間で示談が成立すれば、被害金額が多額であるといった事情や前科がある等の依頼者にとって不利な事情がない限り、不起訴となる可能性が高まります。検察官は起訴するか否かの判断に当たって、示談の成否を重視しているからです。

    さらに、たとえ刑事事件化され、加害者の方が身柄拘束されたとしても、弁護士を通じて被害を弁償し、被害者の方から加害者を許す旨の意思が表明された嘆願書等を取得することで、最終的に事件を不起訴処分で終わらせるよう検察官に働きかけることもできます。

    また、被害者と加害者の関係がこじれ、被害者から被害弁償の申し出を断られたとしても、示談できるような事情の変更がないかどうか検討したうえで、できる限り起訴を回避する方法を探ります。

  • ②起訴後から判決まで

    仮に、起訴され裁判となってしまった場合でも、弁護士を通じて被害者と示談を締結し、示談書や嘆願書を入手することは執行猶予付きの判決を求める上で大切となってきます。

    また、横領した金銭をギャンブルに使ってしまったなど加害者の浪費が激しい場合には、抜本的な生活環境の改善が必要となってきます。そのためには、弁護士のアドバイスにもとづいて加害者の反省と更生の意欲を裁判で示すとともに、ご家族の協力が必要となってきます。公判廷においては、少しでも有利な判決を獲得すべく、全力を尽くします。

横領事件の概要と刑の重さ

横領罪は、自己が占有する他人の物を横領することにより成立します(刑法252条1項)。例えば、友達から借りた宝石を質屋に売ってしまった場合や、レンタカーを契約終了後返還せず使い続けた場合などに横領罪が成立します。

また、業務中に横領罪を犯してしまった場合には、業務上横領罪として刑が重くなっています(刑法253条)。例えば、集金担当の従業員が顧客から預かった金銭を使い込んだ場合などに業務上横領罪が成立します。

法定刑は、単純横領罪が5年以下の懲役で業務上横領罪は10年以下の懲役となります。また、横領の場合には罰金がないため、起訴されると執行猶予がつかない限り懲役刑に服することになります。

横領で逮捕されたらどうなるか

  • ◆検察官送致

    逮捕された場合、警察で取調べが行われ、最大で48時間身柄が拘束され、検察庁に身柄が送られます。身柄の送致を受けた検察官は、24時間以内に、引き続き身柄を拘束し続ける必要があるかどうかを検討し、引き続き身柄を拘束し続ける必要があると考えた場合には、裁判所の裁判官に勾留請求をします。
  • ◆勾留決定

    勾留請求がなされると裁判所に連れていかれ、裁判官から話を聞かれます。
    話を聞いた裁判官は、引き続き身柄を拘束し続ける必要があると判断した場合には、勾留決定をします。勾留決定がされた場合、勾留請求をされた日から10日間身柄を拘束され、その間警察や検察官の取調べを受けます。
  • ◆勾留延長

    勾留されてから10日間経っても、検察官が引き続き身柄を拘束し続ける必要があると考える場合、裁判官に勾留期間の延長を請求します。裁判官が勾留期間を延長する必要があると判断した場合には、最大で更に10日間身柄を拘束されます。
  • ◆起訴

    勾留請求をされた日から10日経ったとき、勾留延長がされた場合には延長期間が満了したときに検察官が起訴するか不起訴をするかを判断します。起訴された場合には、裁判にかけられ、裁判官が有罪だと判断すれば、有罪判決を受け、刑を科されます。

「財産事件」の解決事例一覧

お問い合わせContact

法律相談のご予約

  • 相談無料
  • 24時間受付
  • スピード対応

お気軽にお問い合わせください

  • 携帯からも通話無料。24時間・土日受付中
  • tel:0120-525-686
  • 無料相談のご予約
  • tel

    当日相談可能、24h受付、今すぐご連絡を!
  • 無料相談のご予約

    初回60分まで無料法律相談実施中!